定期券を忘れた際の通勤の交通費に関する浪費

前日の上着/コートと別の上着で通勤した時のお話です。

小金の前日着たコートには財布と定期がそのまま入っており、

今日着る上着には全く入れなおししていませんでした。

通勤の間に合う電車にのる前に気が付きました。その時に自宅まで

定期とおさいふを取りに来る時間はありません。やむなく交通費を自腹で建て替えて、浪費の何たるかを知った次第です。

いくら定期を3ヶ月で申請して交通費を浮かしても、こういったイレギュラーな支出は予想外です。

いくらペットボトルの使い回しで数十円節約してもこのようなケースは一瞬んにして節約して積み上げた金額を瞬時に奪い取ります。

ある作家が1万円を3つのポケットに忍ばせておくのが良いという教訓を肌身で感じました。

財布抜き、定期抜きではまともに行動できません。

前日の上着のポケットを今日着ていく上着に入れなおす手間=プライスレス

つい脱ぎっぱなしにするのは良くないですね。